FC2ブログ

TAN'S X NICLE

※当ブログの内容及び画像はLEGO社の全商品とその他の会社の商品一切と関係ありません。       ※リンクはご自由ですが相互リンクはお断りしています。                     ※冗談と本気の判断の付かない方は当ブログをご覧にならないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東陽町オフ その2(事後報告)

そんな訳で、東陽町で行なわれたオフ会に持参した自分の作品です。
製作の経過に関しては以前の記事で触れてますし、写真を改めて撮り直す時間も無さそうで、
ついでに言えばサッサとバラして次に向かいたい気持ちもあるので流していきます(^_^;)
▼まずは「カヴァリエーレ」という仮称で呼んでいた作品。
tan1.jpg
▲これは昨年の全国オフ会に出した「流星」という作品を元にボリュームをアップして、
頭部と手首を換える事により頭身を上げて、デザイン的に巨大ロボっぽくした作品です。
RIMG0262.jpg
▲ちなみにこれが元になった「流星」です。自分でこれ一枚しか写真を撮ってませんでしたw
全身可動はもちろんですが、一番の売りは大きさに対して限界まで細くなおかつ強靭な、膝から下の構造です。
片足の膝から下だけでアクチュエーターを三本使ってる上に、メッチャ無理な接続をしているので、
良い子は真似しちゃダメです。パーツ割れます(笑)
tan2.jpg
▲片手剣の他にも長槍や盾にガントレットなど、色々と換装用の装備を作ったのですが、
結局残したのはシンプルな片手剣と大型ビームライフルでした。
このライフルは実際に作品に持たせるには重過ぎるのですがデザインは気に入ってます。

「カヴァリエーレ」ではパーツへの負担を減らすために、膝下のアクチュエーターは2本に減らしましたが、
結局デザイン的にボリュームアップさせてしまったために、膝のクリックの保持力が弱くなってしまいました。
普通に立たせるのは問題ありませんが、足をガッと開いて腰を落とした様なポーズを取らせるとヘタります。
それに全体が大きくなり過ぎて、ブログでくり返し言ってきた緩みが出ており、
遊ぶのも片付けるのもし辛くなっちゃいました(^_^;)
何よりポーズが取れないのはTAN的にアウトなので、この両足のデザインは気に入ってるのですが、
近くバラしてしまう予定です。

▼以前に作った俺ネックス2.0用に前日にでっち上げたバイク的な、
ヒロエ専用荒地走行用ユニット「ガニモズ」…ってさっき考えましたw
tan7.jpg
▲以前作って上手くいかず中途半端に残っていたバイクのパーツを利用して作りました。
後部に立って乗るのですが、乗ってる写真は一枚も撮ってませんw(かわずさんがキレイな写真を撮ってくれてたので感謝♪)
乗ってる姿は、道路工事のアスファルトをドドドって固める機械と水上バイクを足して2で割ったイメージです。
tan8.jpg
▲横から見たところ。ピンボケです(^_^;)
デザインはセミの幼虫がモチーフですが、キャタピラで走るので乗り心地はきっと最悪でしょうw
昔BANDAIから「スパイラル・ゾーン」という、フィギュアに外装を取り付けたりビークルに乗せたり出来る、
オリジナルSFの玩具があったのですが、そのイメージで作ってたのでとても楽しかったです。
これもやたらかさ張るのでバラす予定です。

▼ヒロエ2.0規格を自分なりに取り込んで消化して仕上げた、1.0のデザイン重視バージョン「俺バルク」です。
tan3.jpg
▲最初、僕は2.0規格にブゥブゥ言ってましたが(苦笑)一度自分の中で新しいノウハウが出来上がってみると、
なかなか良い規格に思えてきました(^_^;)
もちろん欠点も多いです。
パーツの取り付け位置がフレームデザインに依存するので、自由に位置をコントロールする事が出来ませんし、
アクセルが排除されてるので、拡張性が現段階ではとても狭いです。
その反面、取り付けにボールジョイントを使う事で、角度的な融通が利く様になりました。
俺バルクはそういった融通の賜物で、外装がガッチガチに固めてあるイメージとは裏腹に、全身フル可動です。
捻る事が可能な胴体部分は三本のフレームで構成されています。
このフレームが細めなので、肩・肘・腰などに今まで考えられなかった発想でアーマーを取り付けられました。

▼俺バルクで培ったノウハウで、基本は同じままボリュームアップさせた「俺ストリンガー」です。
tan4.jpg
▲頭身を伸ばすために関節部はソケットを組み込みましたが、フル可動のままボリュームアップ出来ました。
上半身のパーツ構成は、2.0のボールジョイント接続の融通がなければ不可能でした。
固定されながら可動するというこの規格は、例えば関節部分のカバーなどに大きな力を発揮しますね。

▼以上の2作が、2.0規格で可能となった「外装を固めるデザイン」の試作ならば、そのノウハウのまま
デザインを押さえながら外装を少なくして「可動性の追及」の様な事をやってみたのが「俺ファーノ」です。
tan5.jpg
▲2.0規格はフレームのチョイスがプロポーションに影響を与えるので、選択と配置に頭を使います。
各関節の可動域が広いので、ポージングに関してはTAN作品中で過去最高に動きます。
写真はありませんが、ライダーキックの様なポーズや胡坐をかかせたりも違和感無く出来ます。
(気が向いたら写真を追加で撮るかも知れません)
tan6.jpg
▲無者さんが勝手にライフル持たせたので(笑)すかさず撮ったもの。
膝に関しては2.0フレームを上手く使えば、もっと曲げる事が可能だと思います。
今回の三作品では膝の可動は抑えた分、実験的に(そしてそれがとても気に入ってるのですが)
太腿部分が前後で別個にスライド可動して、可動域を確保しつつプロポーションを崩さない構造にしています。
今、TVのカップヌードルのCMでガンダムが立ち上がる時に、よく見ると太腿部分が前後で分割されて、
立ち上がる動きにあわせてスライドしてるのが解りますよね。アレですw

上記の三作品は自分にとっても、今年になってからの唯一の収穫なので、
今後は俺ファーノのフォーマットでストーマーも作ってみたいですし、
もう少し勉強してみて、より可動とデザインの両立した作品作りに繋げていきたいと思っています。
  1. 2011/08/22(月) 22:05:14|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<復活! | ホーム | 東陽町オフ その1(事後報告)>>

コメント

こちらでは御無沙汰しておりました、ニクルオフお疲れ様でした!
2.0以降の拳ですが、付けっぱなしで放置していたらだんだん馴染んでまいりました(苦笑)
ただ、色々デコレートしていたら3.0ファーノのフェイスガードが不向きに感じてきたので
2.0が今更欲しくなっております。
そして「俺バルク」を拝見して「ああ、自分がやりたかったラインだ…!」と思いつつ
涎垂れそうです。
シルバー系は大量にストックがあるので自由度が高そうだと思ってたんですが、
逆に自由度が高くて迷ったり、落としどころを見失ってしまいます。
  1. 2011/08/28(日) 16:10:53 |
  2. URL |
  3. Rr #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

俺ヒーロー1.0シリーズはもうちょい鮮明な写真で
改めて紹介していただきたい!!
オフ会でじっくりと拝見させていただいたのですが、
やはり参考書的な意味も込めて、このサイトでいつでも見られるようにして欲しいです!!
あの2.0パーツならではの組み方はとても参考&刺激になりました。
  1. 2011/08/28(日) 23:40:03 |
  2. URL |
  3. じょにい #-
  4. [ 編集]

Rrさん>
こちらではお久しぶりです(^^)/
2.0以降の拳は造形がシャープですし何より4本指ですから、前の物に比べてずっと馴染みやすいです。
ファーノ3.0の三角頭は他の3.0に比べて、アーマーに転用出来そうで気にはなってたんですけどね。
2.0以降は確かに融通が利くし、脱着が楽になった分、踏ん切りが付かなくなったりしますねw
それに今後は見立てよりも合わせのスキルが試される様な気がしてます。
  1. 2011/08/29(月) 11:21:20 |
  2. URL |
  3. TAN #-
  4. [ 編集]

じょにいさん>
そういうリクエストが、しかもじょにいさんから来るとは意外!(^^)
俺バルクで掴んだ2.0規格の組み方は自分にとっても新たな基礎&刺激で、
それこそじょにいさんからいただいた言葉「ソリューション」に通じるものでした。
これらはまだバラす予定はないので、機会あれば追加写真も加えたいと思います。
こないだのLJ会に持って行けば良かったかもw
  1. 2011/08/29(月) 11:30:42 |
  2. URL |
  3. TAN #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryutairikigaku.blog22.fc2.com/tb.php/285-e97e63ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TAN

Author:TAN
ほぼ人型作品専門ビルダー。
プロポーションと可動と5本指にチョットこだわる気まぐれなお兄さん(苦笑)
※当ブログではだいたいにおいて、バイオニクルを「ニクル」、ヒーローファクトリーを「ヒロエ」と簡略表記しています。
※当ブログの作例はあくまで個人的な価値観に基づいており、既存商品の使用法として推奨するものではありませんし、同様の使用の結果パーツや作品が破損しても、当方は一切責任を持ちません。
※各種質問への返答・アドバイスなどの応対はしますが、そのままズバリな解法を示すのは好きではありませんので、あまり当てにはしないで下さい。
※とは言え、具体的に質問されれば、具体的にお答えします。
※自分の作品のために自分で試行錯誤する事、最低限の礼儀と気づかいを、当ブログでは尊重したいと考えます。

Google自動翻訳

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード