TAN'S X NICLE

※当ブログの内容及び画像はLEGO社の全商品とその他の会社の商品一切と関係ありません。       ※リンクはご自由ですが相互リンクはお断りしています。                     ※冗談と本気の判断の付かない方は当ブログをご覧にならないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寸評

まぁ、前回書いた買う気無しとかそういうのは全くのデタラメで、ホントは買う気満々で行った訳ですw
ウィッチドクター売り切れてたらどーしよーとか心配してましたが、今期の最高額商品な事もあってか、
クリブリビーナスフォート店には充分に在庫があって無事に購入出来ました。
ミニ情報としては、同店にはタフー(スターズ)、フォンネブラの在庫があったので欲しい方はお早めに。
画像無しですが、前回買った3.0商品の個人的印象をちゃちゃっと書き留めておきます。

ロッカXL
パーツ的には、シルバーの新規ブレードパーツ2種が多く入ってる点と両肩の黒アーマーが高ポイント。
既存の基礎パーツが割合多く使われており、パーツ取り用には悪くない構成です。
ファイアロードと比べるなら、カッコ良さでもこちらの方がお買い得でしょう。
しかしロッカの頭部、ゴールドの各アーマー類にこだわりが無ければ、スルーしてもいいかも知れません。
そういったゴールド外装が欲しければ、ボトルのロッカ3.0で充分だと思います。
この大きさと値段で、拳パーツが1つしかないのもマイナスです。
個人的な視点からすると完成状態に「?」と頭を捻らざるを得ない構造をしている部分もあり、
特に肩と足首の可動面はイマイチです。

ロウ・ジョー
今回買った中では一番の好キット。敵側小箱商品では出来上がりが一番こじんまりしてます。
しかし単品での組み換えで、少しアレンジ出来たりと遊びの余地があり、
パーツ構成のバランスも良いので、入門用に最適です。
頭部が今回から全て2ピン接続なのは応用が利かなくて残念な点ですが、
このロウ・ジョーの頭部造形は素晴らしく、色々な動物の顔としてかなり応用が利きそうです。

ファングズ
正直言って頭部のみ欲しくて買いました。ゾイドの様なメカ系の作品に重宝しそうなデザインです。
クリアピンクのアーマーも面白いですが、目立ち過ぎる上にプリントされているので応用し辛そう。
全体のボリュームに対して後足が長過ぎてバランスの悪い感じがしますし、前後の足先パーツが違うのも残念。
特に前足先に使われてるピラカのパーツは、混色成型という事もあり、応用がし辛いのがマイナス。

ウィッチドクター
今期の目玉商品。あなたがヒロエで何か凝った事をやりたいと思ってたら絶対買いです。
パーツ的に唯一の欠点は外装が白に偏っており、頭部やアーマー類の応用に難がある事ですが、
ソケットやアクセルにアクチュエーター、ライトグレーのリフトアームが長短各種入ってる上に、
全く新規と思えるテクニックパーツが突如登場したり、
赤のみですが最近の可動作品には欠かす事の出来ない貫通ボールが39個入ってるという、
脅威の商品内容は欠点を補って余りあるサービスっぷりです。
また完成状態での可動面でも貫通ボールを関節部に過剰に投入したパワープレイが効を奏して
(あんだけ使ってりゃ当然ですがw)、良好な可動を楽しめます。
個人的には完成状態での数箇所に、頭を捻らざるを得ないパーツのムダ遣い構造が見受けられるのが疑問です。

以前に当ブログのコメント応答で、オリジナルビルドの拡張用購入物としてウィッチドクターを勧めましたが、
実際の商品を扱ってみて安心しました。その時の彼が上手く入手出来てる事を願っています(^^)/
  1. 2011/08/22(月) 05:14:07|
  2. レヴュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東陽町オフ その1(事後報告) | ホーム | ばったり(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryutairikigaku.blog22.fc2.com/tb.php/283-0a9977b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TAN

Author:TAN
ほぼ人型作品専門ビルダー。
プロポーションと可動と5本指にチョットこだわる気まぐれなお兄さん(苦笑)
※当ブログではだいたいにおいて、バイオニクルを「ニクル」、ヒーローファクトリーを「ヒロエ」と簡略表記しています。
※当ブログの作例はあくまで個人的な価値観に基づいており、既存商品の使用法として推奨するものではありませんし、同様の使用の結果パーツや作品が破損しても、当方は一切責任を持ちません。
※各種質問への返答・アドバイスなどの応対はしますが、そのままズバリな解法を示すのは好きではありませんので、あまり当てにはしないで下さい。
※とは言え、具体的に質問されれば、具体的にお答えします。
※自分の作品のために自分で試行錯誤する事、最低限の礼儀と気づかいを、当ブログでは尊重したいと考えます。

Google自動翻訳

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード