FC2ブログ

TAN'S X NICLE

※当ブログの内容及び画像はLEGO社の全商品とその他の会社の商品一切と関係ありません。       ※リンクはご自由ですが相互リンクはお断りしています。                     ※冗談と本気の判断の付かない方は当ブログをご覧にならないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

可能性

前回書いたバルク1.0の話。
それまでに作ったネックス2.0やブリーズ2.0に合わせた「俺化」を進めようとしたのだけれども、
パーツのデザイン的に同様のフォーマットでは無理だと断念。
そこでサイズを大きくして、再度挑戦したところ、なかなかイイ感じに納まりました。
元々1.0は2.0と全くフォーマットが違う上、寸が詰まってる割にはハードなラインだったので、
高身長化はデザイン的にも相性が良い様です。

     
        
でもって今回見えてきた事…なんて書くと上から目線な感じでアレですが(^_^;)
全くもって個人的な感想で、多分すでに同様な事に思い至っている人は多かろうとも思うのです。
特にヒロエに既存パーツを加えて高身長化作品を作った事のある人は皆さんそうじゃなかろうかと。

2.0規格のメインであるボールジョイント接続というのは、遊びには特化してる規格です。
付けたり外したりがこれほど簡便な接続方法って、なかなか無いと思うし、
おそらくは既存の接続が低年齢層にはハード過ぎたっていう、メーカー側の判断もあるはずです。
組み立てられた作品の構造の簡易化は、壊れやすさの解消にも繋がるでしょう。
今までビルドしてきた立場から言わせてもらえれば、若干の弛みが微妙な角度付けやパーツ合わせ、
可動に対してフレックスに対応出来る点を挙げたいです。

欠点は、拡張性の低さと構造の脆弱さです。
ボールジョイントゆえの接続の緩さは、大型作品製作を考えた場合、
重さをを支えるだけの保持力が保てませんし、負荷に対する外れ易さも向いてません。
また、煩雑化を避けたためと思われるピンペグ接続を廃した構成は、
構造をフレームに頼るために、大型商品においてはフレームパーツの大型化と、
複数並行使用で太さと強度を出す様にしている様です。
しかし、そういった部分をカバーする外装パーツがいまだ無い事と、
パーツの大型化による間延び感が払拭出来ないので、スカスカした脆弱な感じも否定出来ません。

バルク1.0を2.0フレームで、というコンセプトでしたが前述した通り挫折しましたので、
高身長化(といっても、じょにいさん言うところのMサイズぐらい?)で対応。
当然、既存のパーツも多く使用する事になる訳ですが、出来るだけ2.0フレームも使うという方向性で、
結果的に当たり前と言えば当たり前ですが、2.0規格のフレーム及び外装パーツは、
適材適所で使えば、かなり有効かつ効果的な使用感を、ビルドにもたらしてくれるという結論に至りました。
ただし、既存のパーツと併用してこそ、ポテンシャルを発揮するという注釈付きですがw

2.0のフレームパーツは、いくつかの役割を組み合わせた形状をしている物が多いので、
上手く使えば作品の軽量化が出来ます。
重さがネックになってくる大型可動作品に組み込む場合、保持力の弱さも考慮すると、
作品の上の方・末端の方に使う事が望ましく思えます。

2.0の外装パーツは、接続がボールジョイントに頼るという点が高コストではありますが、
システムのピン状のパーツも接続に応用出来ますので、2通りの接続が選べると言えます。
ピン接続は固定方法としては心許無い面があるものの、水平方向にスイングがありますし、
ボールジョイント接続においては、基部に遊び防止の留めはありますが、
僅かながら3次的な調整が加えられるので、デザインや面一感にこだわる人に向いたパーツだと思います。

※某大型掲示板にあった「アーマーにかぶせる小軸接続のカバーパーツはハーフペグかませたら使える」
という接続方法は、自分が文章の意味がよく解らなかった(汗)上に、解法が見出せなかったので、
誰か実証お願いします(^_^;)
追記 後日GMさんから、シンプルかつ的確な解法が提示されて、あ~なるほど!と納得しました。
恥ずかしい事に、ピンが刺さる方のパーツの事ばかり考えていて、2ピンがある方の事をすっかり失念していましたw
でもって、何でそこに思い至らなかったかな?と考えてみたら、自分のビルドにおいて、
この2ピンの生えてるパーツ類に、今のところ全く必要性を見出してなかったからだと気付きました(笑)
特例は2.0の胸のヒーローマークで、あれはエンブレムなので象徴的に応用が利きそうだし、
何よりあの胸アーマーの欠けを埋める唯一のパーツだからです。
GMさんの示した見本も、確かにそう出来ますね、というだけの感じでご本人も苦笑しながら撮影したんじゃないかとw
でもわざわざありがとうございました(^^)/マジで納得です。

ヒロエから新規に楽しむ様になった人達には、もっとビルドを楽しんでもらう意味でも、
ヒロエの箱物商品や大箱商品に加えて、何とか旧版のバイオニクルのパーツや、
テクニック商品を入手してもらって、拡張性と自由度と応用性と実現度のめくるめくせめぎ合いの世界に、
ズッポシはまっていただきたいものです(^^)/
  1. 2011/05/29(日) 13:51:34|
  2. How to Build
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<備忘録 | ホーム | ムズい!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryutairikigaku.blog22.fc2.com/tb.php/268-408fe235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TAN

Author:TAN
ほぼ人型作品専門ビルダー。
プロポーションと可動と5本指にチョットこだわる気まぐれなお兄さん(苦笑)
※当ブログではだいたいにおいて、バイオニクルを「ニクル」、ヒーローファクトリーを「ヒロエ」と簡略表記しています。
※当ブログの作例はあくまで個人的な価値観に基づいており、既存商品の使用法として推奨するものではありませんし、同様の使用の結果パーツや作品が破損しても、当方は一切責任を持ちません。
※各種質問への返答・アドバイスなどの応対はしますが、そのままズバリな解法を示すのは好きではありませんので、あまり当てにはしないで下さい。
※とは言え、具体的に質問されれば、具体的にお答えします。
※自分の作品のために自分で試行錯誤する事、最低限の礼儀と気づかいを、当ブログでは尊重したいと考えます。

Google自動翻訳

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード