TAN'S X NICLE

※当ブログの内容及び画像はLEGO社の全商品とその他の会社の商品一切と関係ありません。       ※リンクはご自由ですが相互リンクはお断りしています。                     ※冗談と本気の判断の付かない方は当ブログをご覧にならないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

B.P.!

前述の「ブラックファイア」は結局全身真っ黒黒スケになってしまいました(^_^;)
赤のままでパーツ的に充実させるのが無理だった事と、実験的に黒パーツで構成し直した時の
アウトラインのスムーズさ、パーツの保持力の高さ、可動域の広さが決め手になりました。
特に赤いパーツ構成での二の腕のボリュームをキープする接続方法が、
無理矢理な接続もあって何かと外れやすかったのがストレスでした。
背面の炎的な赤の入り方は当初からそのまま残ってはいますが、
今回の全身ブラック化でカラーリング的には面白くなくなったものの、
可動重視の自分としては当然の帰結かも知れません。
あと、これは自分の頭の悪さ(苦笑)なのですが「ブラックファイア」という名前で、
モチーフの「ブラックファントム」と頭文字が同じだと思い込んでいたんですね(^_^;)
正しくは「ファントム」のスペルの頭文字は「P」ですから大間違いもいいトコです(汗)
今回の真っ黒化に当たって、考えた名前が「ブラックフェノメノン(黒現象)」という至ってストレートな
ものだったのですが、偶然にも頭文字が「B.P.」になるので丁度良いじゃあありませんか♪
赤パーツ時よりもマッシヴで表情豊かな「ブラックフェノメノン」はオフ会会場でお披露目の予定です♪
スポンサーサイト
  1. 2012/08/16(木) 05:50:12|
  2. ビルド生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤と黒

今夏は珍しく新製品を発売日に買ったり出来たんですが…
やはり「新しい」だけあってスゴイなと思ったのは新規パーツのデザイン性の高さですね(^_^;)
前述のブラックファイアは上半身が赤いパーツで構成されていて、
それは条件を満たすパーツを黒い物しか自分が持ってなかったせいもあるんですが、
それでかなり完成された感じだったし、自分でもすっかり見慣れていたんですけどね。
ところが今回のヒロエ5.0ではそうしたパーツがモノクロ成型色でアソートされていたり、
新規の追加アーマー(スーパーヒーローズのキャップの脛とか)が見た途端、
欲しかったボリュームを満たしている事に気付いたりで。
新規のそれらを導入すると、ブラックファイアはだいぶカッコ良くなるのは見えてるんですが、
全体が真っ黒になってしまって色味的には全然面白くないし、
ただでさえ保守的な造形をする自分にとっては守りに入り過ぎる気がします(^_^;)

…ん?待てよ?赤いアーマーが入ってるのを買ってくりゃいいのか?w
  1. 2012/08/09(木) 15:23:46|
  2. ビルド生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒い炎で焦がしてあげるッ!

…ってな訳で、ブラックファントムのTAN版は「ブラックファイア」という名前なのです。
黒いパーツが調達出来ていれば全部ブラックに出来たのですが、半分レッドなのでそういう名前になりましたw
でもってもう弄るまいと思っていた所、昨日大きな構造上の改修点を見つけてしまったですよ。
ここをご覧の方はご存知の通り、自分は可動とプロポーション重視でいつも作品を組んでますが、
このブラックファイアは股関節がプロポーションのシワ寄せをくって大変外れやすくなってたんですね。
それがちょっとシャレにならなくなってきて、ちょっと大股開きさせようとするとすぐ外れてしまいます。
いくら見栄えが良くとも股関節脱臼状態で遊べないのでは意味が無いので、
ちょっと見栄えが悪くても確実性のある構造に、股関節自体を見直す必要が出てきました。
以前の様に股関節を1軸で済ませていた頃は楽でしたが、今はすっかり複数軸で仕上げているので改修も大変です…(^_^;)
  1. 2012/08/04(土) 21:18:19|
  2. ビルド生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

TAN

Author:TAN
ほぼ人型作品専門ビルダー。
プロポーションと可動と5本指にチョットこだわる気まぐれなお兄さん(苦笑)
※当ブログではだいたいにおいて、バイオニクルを「ニクル」、ヒーローファクトリーを「ヒロエ」と簡略表記しています。
※当ブログの作例はあくまで個人的な価値観に基づいており、既存商品の使用法として推奨するものではありませんし、同様の使用の結果パーツや作品が破損しても、当方は一切責任を持ちません。
※各種質問への返答・アドバイスなどの応対はしますが、そのままズバリな解法を示すのは好きではありませんので、あまり当てにはしないで下さい。
※とは言え、具体的に質問されれば、具体的にお答えします。
※自分の作品のために自分で試行錯誤する事、最低限の礼儀と気づかいを、当ブログでは尊重したいと考えます。

Google自動翻訳

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード