TAN'S X NICLE

※当ブログの内容及び画像はLEGO社の全商品とその他の会社の商品一切と関係ありません。       ※リンクはご自由ですが相互リンクはお断りしています。                     ※冗談と本気の判断の付かない方は当ブログをご覧にならないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「アーマスカーズ」って何?

今月になってから俄かに盛り上がってきましたが、これが外的要因によってもたらされている事が、
何より嬉しい僕TANです。
自己満足的ダラダラ文章を読んで下さった皆さん、お疲れ様でした、そしてありがとうございます。
先の記事のコメント欄にもあります様に、自分流アーマスカーズを作ってみよう的な動きもある様です。
そこで今回は、作ってみようという皆さんの参考になる様な「おさらい」を、
本家としてやってみても良いかなと思った次第。
ついでに言えば、最近になってから来て下さる様になった方にも判りやすく、というのもあります。

20070616044055.jpg

▲先に発表した物語の中で光側のアーマスカーズとして活躍した3人。
それぞれ以前の作品とは細かく変わっています。 [「アーマスカーズ」って何?]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/06/16(土) 05:23:44|
  2. 1st season アーマスカーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アーマスカーズ その戦いの物語。

4月末のオフ会の際に、無者さんから「アレはどうなったのよ?」と言われました。
何かと思ったら「アーマスカーズの物語」の事でした(笑)。
僕の中では、具体的に細かい部分は特に設定してはいないものの、物語の流れ自体は出来ているので、
ここでいくつかの設定も加えて明らかにしておこうと思います。
…っていうか、気にしてくれてる人がいた事に一番ビックリ(^_^;)

「アーマスカーズ」は当初「カノイを装甲に使ったシリーズ」の総称でしたが、
発表した際に皆さんの印象が強かったせいか、いつの間にか「ヴァキヘッドを頭部に使ったシリーズ」の
総称に取って代わっていた様な気がします。
そこで作った設定として「ヴァキヘッド同士は感応し合う」というものがあります。
これは元々のヴァキの設定が、メトロ・ヌイの治安用に大量に作られた使役される者であったためで、
解りやすく言えば、自分のパソコンとインターネットと他の誰かのパソコンの関係みたいなものです。
かつては統率者の指令の元1つの存在として、強力に連結していたヴァキですが、
大元のコントロールを失った今では、互いの存在を意識してはいなくとも、密接ではないにしろ
「気配」の様なもので繋がってはいる、といった感じです。
これは頭部に内蔵された器官によるもので、次元や空間を関係無く結合が保たれている設定で、
条件さえ揃えば時間軸すら越える事が出来ます。
ポイントはヴァキヘッドが強い意志でコントロールされている、すなわち頭部に使われている事で、
拡大解釈すれば、僕のアーマスカーズとあなたの作ったヴァキヘッドの作品とが繋がっている設定であり、
同じ世界で協力したり戦ったり出来るという事です。

僕の作った「アーマスカーズ」は、意識は無く空っぽではあるが機能は残っているヴァキヘッドに、
強靭なトーアの意志が入り込み元々の姿を模したという設定ですが、
自らの体を再構築出来るほどの強靭な意思の持ち主ならば、別にトーアに限らなくても良いのです。

なお、この正邪の対立はマトランには無関係で、彼らは基本的に中立か光の波動側に属する存在です。
闇の波動は大きな力を好むのです。
[アーマスカーズ その戦いの物語。]の続きを読む
  1. 2007/06/05(火) 21:35:39|
  2. 1st season アーマスカーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

TAN

Author:TAN
ほぼ人型作品専門ビルダー。
プロポーションと可動と5本指にチョットこだわる気まぐれなお兄さん(苦笑)
※当ブログではだいたいにおいて、バイオニクルを「ニクル」、ヒーローファクトリーを「ヒロエ」と簡略表記しています。
※当ブログの作例はあくまで個人的な価値観に基づいており、既存商品の使用法として推奨するものではありませんし、同様の使用の結果パーツや作品が破損しても、当方は一切責任を持ちません。
※各種質問への返答・アドバイスなどの応対はしますが、そのままズバリな解法を示すのは好きではありませんので、あまり当てにはしないで下さい。
※とは言え、具体的に質問されれば、具体的にお答えします。
※自分の作品のために自分で試行錯誤する事、最低限の礼儀と気づかいを、当ブログでは尊重したいと考えます。

Google自動翻訳

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード