TAN'S X NICLE

※当ブログの内容及び画像はLEGO社の全商品とその他の会社の商品一切と関係ありません。       ※リンクはご自由ですが相互リンクはお断りしています。                     ※冗談と本気の判断の付かない方は当ブログをご覧にならないで下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オネワ・デュアルとウェヌア・デュアル(2004年)

以前にも書いたが、最初のトーアで好きなのは「オワツ」。
トーア・メトロでオワツに相当するのは「オネワ」。
すなわちオネワはいつかはチャレンジせねばならない課題だった。
オネワのカノイはトーア・メトロで最も変わった形状をしている。
エアー・インテイクというか車のボンネットというか、角を落とした箱というか、粘土で作ったハナムグリというか(笑)…。
上手く言えないが、かなり判りやすくメカっぽい形状なので、上手く使えばカッコ良くなりそうだった。
だが。
しかし。
飽きた。
今のフォーマットで作る事に飽きてしまっていたのだ。
材料となる商品を限定して作るのは、人に「コレとコレだけ買えばこんなのが作れるんですよ、ちょっと興味があったら試してみませんか?」と持ちかけやすく入らせやすくするために考えた手法だった。
しかし慣れてきてしまうと、パーツの足りなさから作り手側の高レベルな組み立てに途端に制限が加わり、創作意欲に水を注す結果になる様だ。
またこのオネワがクセモノで、以前の様なしっかりした茶色と違い、やけに淡い茶色(画像では濃く見えますが)の成型色になってしまっていた。
…グンゼのMr.カラーで言ったらウッドブラウン、判りやすく言えば安っぽいミルクキャラメル(笑)
それにトーア・メトロの外装パーツは微妙に弾力性のある素材になってる事も災いしていた。
この素材は軟質なためか光沢のある加工に向いていない様で、パーツの表面が全てツヤ消しにされている。
その分、表面積が大きくなり細かい凹凸による光の乱反射が多くなる事から、オネワの茶色はより明るく見えるのだった…。
とにかくシマラナイ。
基本的にトーア・メトロの成型色は、それ以前の物よりも濃く渋くなっていて(白と黒は除外)それがカッコ良いのだ。
だが、オネワは逆に淡くなってしまっている事により印象を悪くしてしまっていた。
ボトル組みだと全体を構成する色味が「淡い茶色と濃いグレー」という「無彩色」まっしぐらな感じで目に嬉しくない(苦笑)
またオネワの武器が他のトーアに比べて、かなり貧弱なのも良くなかった。
三角のフックにワイヤーが付いた様なソレは、ボリュームが感じられず固定できるほど硬くもないので、何とも扱い辛い。

結局フォーマット通りに9割方完成させてはみたものの、未だ中途半端感の漂うソレを僕は、グレー&茶色パーツ入れになっていたテクニック・ドロイディカスの箱に放り込んだ。
このシリーズは終わりにしよう。限界が見えた。
そして僕は無期限の休養状態に入った。

20051020055132.jpg


追記。
実はこのオネワの前に、黒いトーア・メトロであるウェヌアと黒いマトランを使って1体組んである。
残念ながら自分では画像を保存してはいない…っていうか、まだその頃は携帯がカメラ付きじゃなかったのだ(笑)
それは友人であるKさんに差し上げるために組んだ物で、みっしりとまとまった感じの甲虫かある種のクモ的仕上がりで、それまでのノウハウが充分に活かされた物になっていた。
僕は完成したソレを再びバラバラにするとボトルに詰め直し、出来るだけ判りやすく描いた(つもりのw)組立図と共に一方的に送り付けたのだった(苦笑)
初めてバイオニクルを触る人に、組み立ての楽しさを判ってもらおうと思っての事だったが、ちょっと余計なお節介と言うか逆に取っ付きを悪くしてしまったみたいで、後から我ながら「あちゃ~」と思った。
そりゃそうだ、だって一方的に押し付けたんだもの(苦笑)
下の画像は後になってKさんから送られてきた組み立て中のもの。
20051022220714.jpg


…ところが、この事がのちにエライ事に発展するとは、この時まだ知る由も無かった…。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/20(木) 05:38:14|
  2. デュアルメトロズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヌジュ・デュアル(2004年)

出来上がったワカマとマタウは、再び店長のご厚意で駒込の「0522SHOP」に展示していただいた。
少し遅れて追加展示させていただいたのがこの「ヌジュ・デュアル」だ。

1.
ヌジュは一番初めに買っていたのに、何となくそれまで後回しにしてしまっていた。
トーア・メトロの応用し辛さとヌジュのカノイの応用し辛さが、ダブルで印象付けられてしまってたためかも知れない。
しかしここまでに3体作ってきたおかげで、抵抗感の様な物は無くなっていた。

さすがにプロポーションは今までで一番良い。
白いパーソナルカラーによるクールなイメージにあった仕上がりにはなっていると思うし、「俺ヌジュ」としてもかなりイイ線だろう。
実はプロポーションよりも、胸部の構造の発想自体を根本から変えて作ってあるのがヌジュ・デュアルの最大の特徴だ。

20051019195851.jpg


可動に関しては今までと同じで、特に変わった部分は無い。
腰に装着しているツインスパイクアックスは、一度分割して手に差し込んで持たせる仕組み。

2.

20051019195916.jpg


今の目で見ると、パーツの使い方がもったいないというか、ボトル内のパーツを出来るだけ使おうと躍起になっているというか(笑)

「デュアル」シリーズでは、よく外側にボールジョイントのボール部分が剥き出しになっていて、今見ると恥ずかしい…(汗)
パーツが限られていた事もあるが、現在では出来るだけ避ける様に処理している…つもり(^^;)

3.
ヌジュ・デュアルの最大の特徴、それは胸部が外装のみで構成されており、外側に向かって展開する事が可能という事だ(画像右側)。
通常の作例だと、出来るだけ内部にもパーツを詰め込んで、気分だけでも内部メカを気取るのが僕流なのだが、今回はちょっと遊んでみた。
ここにはミクロマンを座らせる事が可能で、首の下辺りの奥に見えるのが可動式のヘッドギアになっており、座らせたミクロマンの頭に被せられる。
手前に見えるのが操縦桿で、普段は内側に収納。
出来ればフットレストも付けて展開させたかったが、ボトル限定ではパーツが無かった。
ミクロマン用のオリジナル・パワードスーツはそのうちトライしてみたい課題の1つだ。

20051019195934.jpg


画像左側、ヌジュの集光パーツは綺麗なライトブルーで良く光って見えるのだが、今度はカノイの眼部分の穴が極端に小さく全く活かされていない(汗)
せっかくカッコイイのに勿体ないので、頑張って撮ってみた。
  1. 2005/10/20(木) 03:29:55|
  2. デュアルメトロズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マタウ・デュアル(2004年)

1.
ワカマがほぼ出来上がったあたりで、興が乗った僕はマタウのパッケージも開けてしまった。
各トーア・メトロは基本の構成パーツ以外に、若干の接続パーツが入ってる事がある。
これは各キャラの武器を装備させる時に使うためだが、それによって作れる物に差が出てくる。
その辺りも考慮して、マタウでは今までとはまた違った構成でパーツを組んでみた。
こちらも「トーア・メトロ2個」と「マトラン2個」のみを使って組んである。

20051019005658.jpg


2.
少し斜めのアングル。
マタウは濃い緑色をしているせいもあって、携帯のカメラではなかなか良く撮れないみたい。
これでも晴れた窓際で撮ったのだが…(汗)
胸の構成など苦肉の策ながら面白いと思うのだが…なんかカマキリの顔みたいだなぁ(笑)

20051019005717.jpg


3.
胸の構造がゆるいのが欠点だが、割と良くポーズが取れる。
ポイントは肩周りの構成。
胸の幅を狭くして可動域を開けたために腕が前に回る。
背中のブレードは可動式。
マタウの眼も集光素材らしいが、赤い成型色が濃くほとんど光って見える事は無いのが残念。

20051019005746.jpg

  1. 2005/10/18(火) 23:01:39|
  2. デュアルメトロズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワカマ・デュアル(2004年)

1.
ノカマの作例は満足いかなかったし、ヌジュも扱い辛いトーアだった。
ヌジュもカッコ良いのはいいが、その独特の左右非対称なカノイが応用し辛く、また他のトーアのカノイに比べてかなり大きい事もネックだった。

そんな時、今まで売り切れ状態だったワカマを発見。
自分の停滞した創作意欲に活を入れるべく、思い切ってマトランと共に2個2個で購入。
同時にノッペリ顔がカッコ悪さ2番めと思っていた、マタウも同じ構成で購入。
(余談になるが、僕の先輩で大変デザインにうるさいS先輩は、購入はしないまでもマタウが1番カッコイイと思っていたそうだ。今では僕もマタウはカッコイイと思う。…さすがだ。)
ノカマの仇をワカマで取る、という訳だ。
帰宅して一晩で両方とも組んでしまう。
どうやら一度ノカマをいじっていた事で、脳内に回路が出来ていた様だ(笑)
ノカマの時と同じ様に、このワカマ・デュアルも「トーア・ワカマ×2とマトラン・ヌーリ×2」だけを組み合わせて作っている。

20051018190029.jpg

2.
少し斜めから。
ワカマとヌーリ(マトラン)の良い所取りの感じになった。
腿の処理がまだ甘く、短めに見えてしまうのが気になる。
でも全体のバランスはノカマに比べてずっと良くなった。
普通のバイオニクルが好きな人には、受けが良いかも知れない。

20051018190003.jpg


3.
ワカマの武器であるディスク・シューターは、羽根の様な炎の様なデザイン処理がカッコ良かったので、翼として装備させた。
展開が可能で、拡げると見栄えがする。場所を取るけど(笑)

20051018190058.jpg


4.
拡げた翼は前で閉じる事によって、防御形態に。
こういう遊びの傾向が出てくると、調子が良い感じ♪
画像右は上半身のアップ。
ワカマのカノイはワイルドでカッコイイ。

20051018190112.jpg

  1. 2005/10/18(火) 19:02:09|
  2. デュアルメトロズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノカマ・デュアル(2004年)

20051017180426.jpg

1.
…出来上がり。
ノカマをバージョンアップした感じで組んでみた。
正直言ってイマイチ感が強い。
やはり初めてイジルゆえかパーツの特性や相性を判ってない。
何よりも実は膝が曲がらないのが自分としては痛い。
展示される事を考慮して、可動性より安定性を考慮した訳だが…やっぱ保身に走っちゃダメですな(苦笑)
ノカマはこう見えても一応女性キャラなので、何とか女性っぽくしたつもりだが…ポーズ付けさせないと丸っきり伝わりませんな(また苦笑)

2.
新規の商品ではあるが、珍しく新パーツだらけ!
作例は、戸惑いながらも新しいパーツ構成に挑んでいる点だけは、我ながら評価。
新規パーツとしてトーア・メトロ構成パーツに、短い両サイドボールジョイントが登場。意外と使い方が難しく、この時点では有効な使い道が見出せていない。
作例では、ノカマ特有の丸い頭部に沿った形に、お団子ヘアに見立てたパーツを位置固定するのに使用。
顔が動いても髪形は動かない「アトムヘアー」になっている(笑)
対照的にマトランに使われている新規パーツの、直角に曲がった両サイドボールジョイントは大変に使い勝手が良く、現在自分にとって最も欠かせないパーツになっているのだが、やはりこの時はまだ有効に使えておらず、拳の表現なんかに使っちゃってて大変もったいない(笑)
それだけこの頃は「手」の表現・構成を重要視していた。
画像の右に示した通り、商品パーツ限定の中で握り拳の表現にかなり執着かつ四苦八苦している。
インナーフェイスを手の甲、直角ジョイントを親指、ジョイント受けパーツを親指付け根のラインに見立てている訳だが、今見ると「ナンジャコリャ」って感じだ(苦笑)
またノカマの武器パーツが何とも応用し辛く、仕方無しにスカート風にあしらい攻撃時には展開するという設定にした。

20051017180442.jpg


3.
下半身は脚の付け根と足首が可動するぐらいだが、腕部は良く稼動する。
ストレスなく肩から上に腕が上がるのも、全て新規関節パーツの賜物だ。
原宿キディランドに展示の際には「8602×2+8608×2」という作品タイトルにして、商品購入の目安っぽくしてみた。
現在は同ラインの作例を「デュアル・メトロズ」という総称で呼んでいる。
トーアとマトランを2体ずつ使用しているため「重合した」というニュアンスである。

コンテストの結果は「参加賞」。そりゃそうだ(笑)
でも景品がレゴキャップ、しかもちゃんとバイオニクルのデザインの物で感動。さすがは原宿キディランドである(^^)
展示スペースはちょっと狭いが、場所が場所だけに外国人の親子連れも多く、かなり満足感があった。

20051017180458.jpg

  1. 2005/10/17(月) 18:12:09|
  2. デュアルメトロズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

TAN

Author:TAN
ほぼ人型作品専門ビルダー。
プロポーションと可動と5本指にチョットこだわる気まぐれなお兄さん(苦笑)
※当ブログではだいたいにおいて、バイオニクルを「ニクル」、ヒーローファクトリーを「ヒロエ」と簡略表記しています。
※当ブログの作例はあくまで個人的な価値観に基づいており、既存商品の使用法として推奨するものではありませんし、同様の使用の結果パーツや作品が破損しても、当方は一切責任を持ちません。
※各種質問への返答・アドバイスなどの応対はしますが、そのままズバリな解法を示すのは好きではありませんので、あまり当てにはしないで下さい。
※とは言え、具体的に質問されれば、具体的にお答えします。
※自分の作品のために自分で試行錯誤する事、最低限の礼儀と気づかいを、当ブログでは尊重したいと考えます。

Google自動翻訳

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード